メンズ

原状復帰をして室内を再び綺麗にする|施工業者へ依頼しよう

防犯対策に必須の屋外設備

自動ドア

存在するだけでも防犯効果

近年では防犯上の観点から一般家庭においてもフェンスを設置する例が増えています。テクノロジーの進化によってフェンスの性能も向上しており、防犯センサーをセットしてあるケースでは万が一不審者が侵入しようとしても瞬時に警報装置が作動します。そうした高性能製品は教育施設や学習塾などに設置されることで最も威力を発揮するのです。子供たちを預かる施設に限らず、一般のオフィスや工場など多くの人が働いている職場でも防犯対策は欠かせません。不特定多数の人が訪れる病院や公共施設もまた然りです。お客様の入りやすい環境が求められる店舗施設ではフェンスの設置も難しくなりますが、騒音防止や安全性の確保といった目的のために隣接地との境界に設置されるケースも少なくありません。防犯センサーなどセキュリティシステムを組み込んだ製品に限らず、フェンスというものは存在するだけでも防犯効果が発揮されるものです。施設の敷地境界に高い壁があれば、そこに心理的な障壁が生まれます。部外者の侵入を防止しなければならない施設にとっては必須の屋外設備と言えます。

景観への配慮も可能

一口にフェンスと言ってもさまざまな種類が建材メーカーから発売されています。導入しようとする担当者にとっては、それぞれ目的に合わせたタイプの製品を採用することが大切となってきます。例えばネットフェンスと呼ばれる製品は一般に金網として知られている形状のため、競技場や公園など開放的な屋外施設に向いています。反面、教育施設や病院などの防犯対策としては心もとない面があるものです。遮蔽性・遮音性に優れた目隠しフェンスは学校など公共施設での採用例が増えており、防犯対策にも大きな効果が期待できます。パイプを等間隔に配置した格子フェンスも学校でよく使われている他、マンションや工場での採用例が多いタイプです。アルミタイプやステンレスタイプは錆びに強いといった特徴があるため、管理コストを節約したいという施設に多く採用されています。近年ではデザイン性に優れたフェンスも数多く登場しており、そうした製品を採用すれば周辺の景観とも調和します。フェンスというものは機能性を重視するあまりに無骨な外観を呈する例も少なくありませんが、工夫次第では景観に配慮することも十分に可能なのです。